OFFICIAL BLOG

Image contain the clipping path

コピーライティングをはじめて、ちょうど4年目になりました。

自分で「プロのコピーライターになる」と宣言はしていたものの、

「まさかここまで続くとは!」と思っていなかったのでビックリです(笑)

 

と言うのも、僕は飽き性なんですよ。色々とはじめて見るけど、

スグに違うことをやってしまう・・・ 悪いクセなんですけどね。

どうやら、コピー&マーケティング病は一生治らないらしいですね・・(笑)

 

まぁ、その話はおいておいて

今日はそのコピーライティングの話をします。

 

特に、コピーの勉強をされた方にとっては今日のブログは役に立つでしょう。

逆に、ベテランの方でしたら、バツボタンを押して仕事に戻ったほうがいいでしょう。

 

最近ですが、お陰様で色々なところから「アドバイスください」「教えてください」という声をいただくようになってきました。

特に多いのが、「学び始めたころの、有効だったスキルアップ方法」「どうやったら効率よく学べるのか?」と言うことを聞かれるわけですよ。

 

少し前の僕でしたら、「いいコピーをたくさん読むこと」「写経(写経とはいいコピーを手書きをすることです。)をたくさんすること」

と言う、まぁスタンダードな回答をしていました。

確かにそれも間違いではありません。

 

でも、それ以上に、短期間でグングンスキルアップする方法があるんですね。

 

それは、「インプットとアウトプットを同時する」です。

 

簡単に言えば、「習ったスグから習った範囲だけを「実践」する。」

これがもっともスキルアップに効果的です。

 

例えば、僕の事例ですが、「プロのコピーライターというセルフイメージを持ちましょう。」と学んだ早い段階で言われました。

 

そこで、スグにコピーライター名刺を作ったんですね。今、見ると恥ずかしいのですが、とりあえず言われた通り作ったわけですよ。

 

次にやったことは、「周りに配りましょう」と言われたので、自分の場合はプロのライターになると声をだして、周りに言ってました・・(笑)

 

恥ずかしい奴だったんですけど、そのおかげで仕事が舞い込んできました。 学びはじめて仕事を獲得したのが、4週間とかそんなときです。

 

リサーチの仕方もわからなければ、どうやって報酬を決めればいいのかもわからなければ、そもそも、ライティングの方法すらまだよくわかっていなかった段階です。

 

今、思えば、最初のクライアントになってくれた方には大変申し訳なかったですけどね(笑)最初は5000円の仕事でしたが、 やっぱりお金をもらってやるのとやらないとでは 天地の差があり、メチャメチャ、スキルアップに効果的でした。

 

写経をやることも必要だと思いますが、 あれはあくまでインプットです。本を読むことも、セミナーで学ぶことも全てインプット。

 

こればかりやっていても中々上達はしないですね。

 

だからこそ、「インプットとアウトプットを同時並行にやっていく」これが最も早くスキルアップする方法だと思いますね。または、「そうせざるを得ない環境に身をおく」ことでしょうかね。

 

その「そうせざるを得ない環境に身をおく」その置き方については、

またお伝えしますね。

丹郷

Comment

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA