【 厚生労働省認定ダイレクトレスポンスマーケテティング 】

助成金を利用して、集客と売上がアップする自動化された仕組みと、

社長がいなくても経営を任せられる「社長の右腕」を育成できる人材教育を

【費用負担ゼロ】でできるだなんて、本当でしょうか?

 


「そんな理想的な都合のいい話があるわけない」

 

 

…もし、あなたがそう思ったのであれば、

    これからお話しすることはあなたにとって最も重要な話になるでしょう。

 

【 国から助成金をもらいながら、経営を任せられる社長の右腕を育成できる3つの理由 】

 

 

理由1:人材教育に対して受給される厚生労働省のキャリアアップ助成金を使うから。

「キャリアアップ助成金」という制度をあなたは知っているでしょうか?

これは厚生労働省が実施している、社員の人材教育に対して助成金が支給されるものです。


もし、あなたが法人であれ個人事業であれ
スタッフを雇用しているのであれば、

もし、そのスタッフに対して雇用保険を支払っているのであれば、


あなたの業種や職種が、飲食店や美容院、
整体院や病院、印刷業や製造業など、

たとえどんなものであったとしても、あなたのスタッフが新規採用でも中途採用でも、

昔からずっと働いてくれているスタッフであったとしても、


本来、あなたには社員1人あたり100万円の
助成金を受け取る「権利」を持っているのです。

 

きっとあなたの会社でも、スタッフに対して人材教育を行いますよね?

 

スタッフがいて人材教育をしているにも関わらず、このキャリアアップ助成金を使わないことは

社員数×100万円の「純利益」をみすみす捨てているのと同じことなのです。

 

このキャリアアップ助成金をあなたの人材教育に活用することで、

あなたはお金をもらいながらスタッフの社員教育を行うことができるのです。

 

 

理由2:助成金申請の成功率が100%だから。

 

 

でもきっとあなたは、

「助成金もらうのって何だか難しそう…」


「書類を揃えたり作ったりするのがめんどくさそう…」


「そもそも本当にちゃんともらえるの?」

と、思うのではないでしょうか?

…それは半分事実であり、半分は間違っています。

確かに一部の助成金は申請成功率が10%以下です。


しかも、依頼する社労士の専門性や実力によって、 
成功したりしなかったり運任せなところもあります。

助成金や補助金といった国からもらえるお金には何十種類もあり、その中にはそもそもあなたに

該当しなくてもらえないものもありますし、有名な「創業補助金」などといった経済産業省が

実施している制度は審査がめちゃくちゃ厳しいため、申請成功率は10%以下だと言われています。

 

ですが、厚生労働省が実施している助成金は「受給要件さえ満たしていれば確実にもらえる」のです。

それなら、なぜほとんどの企業はこのキャリアアップ助成金をもらえていないのでしょうか?

 

それには以下のような3つの理由があります。

 

①キャリアアップ助成金自体があまり知られていないから。

きっとあなたもよくご存知のように、国は税金のような取るお金についてはとことん取ろうとしますが、

くれるお金についてはあえて積極的に広めようとはしません。

(私は元公務員で市役所の税務課で働いていましたから、その事をよく知っています…)

そのため、スタッフを抱えている会社ならどこでももらえる権利があるにも関わらず、

キャリアアップ助成金という制度自体を知られていないため、多くの会社はこのお金をもらえていないのです…

②助成金を専門とする社労士に依頼していないから。

あなたはきっと「助成金のことは社労士に頼めば大丈夫」だと思っているかも知れません。

 

ですが、医者に外科や内科などの専門分野があるように、

実は社労士にも社会保険や給与計算など、得意分野や専門分野があると知っていましたか?

 

つまり、助成金専門の社労士に依頼しないということは、内科で外科手術を受けるようなものなのです。

 

…それがどれだけリスクがあることか、きっとわかりますよね?

 

しかし、社労士業界の事情なんか知らない私たちは、社労士であれば助成金の申請をやってくれるだろうと思い込んで、

助成金を専門として「いない」社労士に依頼してしまう結果、本来はもらえるはずの助成金をもらえないという

残念な結果に終わるケースもよくあります…

それがキャリアップ助成金をもらえない理由の1つでもあります。

 

③キャリアアップ助成金を専門とする社労士に依頼していないから。

助成金を専門にしている社労士は少ないのですが、

その中でもキャリアップ助成金に特化して専門でやっている社労士は特に少ないのです。

 

先ほどお話ししたように、一言で助成金といっても何十種類もの助成金が存在します。

 

そして、キャリアアップ助成金の申請のときには、

高さ15cmほどにもなる膨大な書類の山を提出しなければいけないのですが

…考えてみてください。

 

そんなにも大量の書類を提出しなければいけない助成金の申請を、

何十種類も全てについて把握しきれるわけがないですよね?

 

あなたのビジネスでもきっとそうではないでしょうか?

 

同じ集客方法であっても、

PPC・SEO…

FBやTwitterなどのSNS集客…

チラシ集客…

これらはそれぞれ全く違うものですし、それぞれに独自のノウハウが必要になりますよね。

 

それと同じで、同じキャリアアップ助成金であっても、

キャリアアップ助成金専門の社労士に依頼しないことが、失敗する確率が高くなってしまう理由です。

 

ですが、日本マーケティングセールスライター協会が業務提携しているのは、

大阪で創業37年以上の「北尾経営法務事務所」という社労士事務所をグループ企業に抱える、

「アルファネットコンサルティング」というキャリアアップ助成金専門のコンサルティング会社です。

 

 

このアルファネットコンサルティングは、キャリアアップ助成金の申請数が

「大阪でシェアNo.1」であり、今まで1度たりとも受給に失敗したことがありません。

 

 

これまでに申請した230社以上を全て受給成功させ、1社あたりの助成金の平均受給額は約1000万円にもなります。

それがあなたが助成金をもらいながら人材教育できる理由の2つ目です。

 

理由3:ビジネスの売上に直結するマーケティングとセールスのノウハウとスキルが身に付く、

    厚生労働省認定を取得した日本で唯一のマーケティング講座だから。

 


あなたがスタッフに身に付けて欲しいスキルは何ですか?

接客マナーやWordやExcelの操作方法でしょうか?

 

社長であるあなたにとって理想のスタッフとは、あなたがいなくても自分たちだけでビジネスを

運営してくれるような人材ではないでしょうか?そしてあなたのビジネスの売上をアップしてくれて、

安心して任せることができたら最高ですよね。

 

ビジネスの売上は集客・セールス・顧客維持という3つの要素で全てが決まります。

そしてこの3つの数字を組み合わせて「集客を不要にする仕組み」を作り上げることがマーケティングです。

 

では、あなたのスタッフがビジネスの売上に直結するマーケティングの

ノウハウとスキルを身に付けてくれたら嬉しいと思いませんか?

 

そんな理想的なマーケティングのノウハウとスキルを学ぶことができるのが、

日本マーケティングセールス協会が提供している、厚生労働省認定を取得した

日本で唯一のダイレクトレスポンスマーケティング講座です。

 

この講座では全22時間で売上アップのノウハウを短期間で集中的に学べます。

・DRMの基礎と人間の行動心理 3時間

ーダイレクトレスポンスマーケティングの基礎と、

 セールスの前提となる見込み客の行動心理を知り、

 最も効果的なセールスプロセスの構築法を学ぶ。

・ポジショニングと差別化戦略 3時間

ーライバルと比較されることなく、お客様から

 自分だけを選んでもらうために必要な、

 ポジショニングと差別化戦略について学ぶ。

 


・オフラインとオンラインの具体的な集客法  3時間


ーオフラインとオンラインのマーケティングの違いと

 具体的な集客法を知り、クライアントにとって

 最適な集客法が何かを選択する判断基準を学ぶ。

・顧客の心を掴むセールスメッセージ 3時間

ー集客を購入に結び付けるための成約率の高い

 セールスメッセージの構築方法と、

 そのために必要となる各要素について学ぶ。

・信頼関係構築によるLTV向上戦略 3時間

ー顧客との信頼関係を構築することにより、

 リピート率と顧客単価を上げるための

 具体的な手法と行動心理について学ぶ。

・実践練習(ケーススタディ別シミュレーション) 5時間

ー実際に現場でクライアントをマネージメント

 するために、ここまで学んできた知識を使って、

 ケーススタディ別にシミュレーションを重ねる。

そして今、あなたは売上アップに直結するノウハウをこの厚生労働省認定の

マーケティング講座で学ぶことができる上に、社員1人あたり100万円の助成金をもらうことができます。

「助成金申請の成功率は100%」

 


日本マーケティングセールスライター協会が
業務提携しているアルファネットコンサルティングは

キャリアアップ助成金専門の社労士法人であり、大阪で創業37年以上のキャリアがあります。

 

キャリアアップ助成金の申請数も大阪でシェアNo.1であり、

今まで1度たりとも受給に失敗したことがありません。

 

これまでに申請した230社以上を全て受給成功させ、

1社あたりの助成金の平均受給額は約1000万円にもなります。

この社労士法人のキャリアの長さ、

 

キャリアアップ助成金の申請件数の実績と圧倒的な成功率の高さ、

 

そして日本で唯一の厚生労働省認定を取得したマーケティング講座。

これらが

「あなたが国から助成金をもらいながら、経営を任せられる社長の右腕を育成できる3つの理由」です。

もし、あなたが国から助成金をもらいながら、売上アップに直結するマーケティングの

ノウハウを身に付けた、経営を任せられる社長の右腕を育成したいのであれば、

メッセージからお気軽に「詳細を知りたい」とお問い合わせください。